逆転のN!!

Entry 19   Permanent LIN K

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--   スポンサー広告    

【WIXOSS】【デッキレシピ】原槍ビート(白タッチ赤青緑)

環境:2014.4.26 WX-01 「サーブドセレクター」 発売まで

毎度かなたです(`・ω・´)

この記事はデッキレシピ紹介となります。
【WIXOSS】【デッキレシピ】白緑バウンスウィニー(タッチ青)の改良レシピとなっています。
また、身内環境で少し考えただけで組んだものなのでこの組み方が正しいのかはわかりませんが、考察の参考になれば幸いと思っています。

それでは以下本文(Readmoreからどうぞ)



【メインデッキ】
シグニ30(ガード9)
白17
4 Lv4  原槍 エナジェ
2 Lv4  極剣 ゴッドイーター
1 Lv3  巨弓 カタパル
4 Lv2  出弓 セフィラム
2 Lv2  中剣 フランベル
4 Lv1  小盾 ラウンド
赤4
3 Lv3  羅石 ルビル
1 Lv1  羅石 コハク
無9
1 Lv3  サーバント T(ガード)
4 Lv2  サーバント D(ガード)
4 Lv1  サーバント O(ガード)

スペル10
白3
2 アーク・オーラ
1 ゲット・ダンタリアン
緑3
3 芽生
青4
4 THREE OUT


【ルリグデッキ】
ルリグ5
1 Lv0  新月の巫女タマヨリヒメ
1 Lv1  三日月の巫女タマヨリヒメ
1 Lv2  流星の巫女タマヨリヒメ
1 Lv3  月蝕の巫女タマヨリヒメ
1 Lv4  太陽の巫女タマヨリヒメ

アーツ5
1 サルベージ
1 ドント・ムーブ
1 アンチ・スペル
2 ドロー・ツー



簡単なカードごとの解説をしていきます。

>エナジェ
メインカード。常時効果マルチエナがデッキの潤滑油となる。アーツを使うコストを確保できるのも強い。
また、白2コスを払うことで発動できるトラッシュ効果を積極的に使っていき、アドバンテージを稼いで行きます。
他、白1コスを使うことでシグニをアップできる効果は凍結のメタになっています。

>ゴッドイーター
15kラインを作れるカード。
壁にもなるし打点にもなります。対緑の場合緑姫の効果で12kキャラクターが13kになってしまい、システムカードの処理が困難になってしまいジリ貧になるのを防ぎます。また、相手の15kバニラを突破するためのソースでもあります。
18kラインに対しては無力と言えますが、そこは白自体の特色でバウンス処理で対応します。

>カタパル
ライフバーストの数合わせ兼、盤面の補充カード。
デッキの中のレベル2以下のカードが20枚入っているため、比較的盤面の補充も期待できます。

>セフィラム
ライフバーストの枚数達成兼、盤面の補充カード。
レベル2のウィニーは序盤から中盤までの殴り合いで重要になってくる(除去されるとそのままコストにもなる)上、盤面の補充ができる可能性まであるカードということで採用しない理由はいまのところ見当たらないと考えました。

>フランベル
レベル2バニラ。
レベル2ルリグ効果で8kになるため、切り替えしに強く、また7kということで相手のバニラや3コス7kキャラクターを攻撃時に処理できるというのは強いです。

>ラウンド
初手で2体並ぶと基本的にダメージを1枚受けずに済むのはかなり強い要素だと考えます。
また、パワーが1000より高いので羅石アメジストの効果対象から逃れることができます。

>ルビル
ライン調整。リミットの都合上344というシグニ配置が最大で、その時3コスのラインが12kを作れるというのは強い要素だと考え採用。また、ゲットダンタリアンの効果でエナジェと同時にサーチ対象にとれるというのは強い要素だと考えました。
エナジェ効果でバニッシュしたシグニをトラッシュに遅れるので、返しターンよりもここは殴れる打点をとったほうがいい枠だと考えました。

>コハク
中盤~終盤でも8000というラインを作れるのは強いカードだと考えました。
また、先行を取った時こちらがルリグレベル3で相手のレベル2ルリグがパワー+1k効果を持っていた場合、バニラの突破ができるレベル2というのは強い要素であると言えます。
ゲットダンタリアンのサーチ対象でもあるので、ダンタリアンの不発を防ぐ保険でもあります。

>各サーバント
セラフィム、カタパルの対象にとれる、また、序盤で盤面に並べて壁やアタッカーにすることができるという点からレベル1とレベル2のサーバントをガン積み。レベル3のサーバントが入っている理由としては、単純にサーバントの枚数を9確保したかったのと、盤面のリミットを考慮した時、ルナジェ+4コスと並べる盤面ではレベル4サーバントは場に出せないのを考慮しました。
また、レベル2より上のサーバントがデッキにいることで、レベル2花世の赤コスト③効果のレベル2以下のサーバントが使えないという状況下でもガードすることが可能になります。

>アークオーラ
追加の勝ち筋として採用。
特に対緑ではパワー負けすることが多いので、ドントムーブも避けることができるアークオーラは強い要素足り得るのではと考えました。また、ライフバーストが速攻耐性を持っているのも評価できます。
若干オーバーキル気味なのは否めないので、枚数が増減する可能性はあるでしょう。
アンチスペルされるとアド損が半端ではないので慎重に使うことが求められます。

>ゲット・ダンタリアン
ライフバーストの関係上、ルビルが4枚採用できなかったのと、単純に白カードもサーチできるということで、ルビル含んだ赤カードの枚数増加を兼ねて1枚採用。
コストこそ喰いますが、1枚の手札が2枚のカードになるため終盤等の枯渇してしまった場面では状況を打破するカードとなるでしょう。
基本的にはサーチしてくるよりも、シグニ自体を引いた方が太陽タマ効果もあり強いため、バイブルの枚数は控えめになっています。(素引きすればバイブルを打つためのコストもいらないので、シグニ自体を引いた方が得なのは当然ですね)

>芽生
ここは少し枚数を迷っている枠です。
コストを増やせるカードというのはこのデッキと相性がいいです。
ただ、手札が減ってしまうという点、このカードがライフクラッシュの時にライフから出てくることの弱さ(エナジェが出るまでの色的な意味合い)を考慮すると、4積むよりかは他のカードを優先したいという考えになりこの枚数にしています。

>THREE OUT
数少ないドローソース。
太陽タマのフィニッシュに始まり、このデッキはハンドを大きく使うことが多いのでここは必須枠だと考えています。
また、青のカードのためアーツのコストにもなるので重要だと考えます。


ルリグデッキ

>Lv0タマ
特になし

>Lv1タマ
ハンド入れ替えよりも、盤面に2体並べられる方がこのゲームでは非常に重要になってくると考えたのでバニラを採用し、リミットが2の方を採用しました。
先攻からレベル1シグニを2体並べられるのも強いし、後攻から相手の空いている枠に対してシグニを複数配置していけるのも強いです。自由度の高いマリガンがあるため、ハンド入れ替えをせずとも事故率はそこまで高くないと考えています。

>Lv2タマ
パワー+1000の代わりにリミットが4のものを採用。
2-1-1と並べるか、2-2と並べるかのどちらかになってしまいますが、その後の返しターンで盤面のカードに+1000できているのは非常に重要だと考え、こちらを採用しました。
具体的には相手の2レベルバニラよりこちらのバニラの方が打点が上がっていたり、ラウンドやセフィラムが5kバニッシュ系のカードの対象に取れなくなります。

>Lv3タマ
サーチ効果のあるものを採用。
レベル3の枚数が少ないデッキでもあり、リミットは7で十分だと感じています。
cip効果のレベル2以下サーチは状況に合わせて使ったり使わなかったりですが、キーカードを引いてこれるので非常に強い能力だと考えています。

>Lv4タマ
フィニッシャー。
デッキが低コスト主体なため、ダメージが通らない場面や、最後決めきれない場面というのは出てきてしまいます。
そうした場合、バウンスすることによって強引にダメージを与えることができる太陽タマの評価は高いです。

>サルベージ
最初はエイボンを採用していましたが、ここはサルベージになりました。
無色コストなので、腐っている色を処理できるという点が魅力的です。
また、サーチしたい場面というのは既にデッキ枚数が少ないことが多く、ゼノゲートやエイボンなどが不発する可能性がある反面、サルベージは自分で準備できるのでそういったせっかくアーツを使ったのにという事故がないのも強い要素だと考えています。

>ドントムーブ
緊急用のアーツ。赤の背炎の陣や、それこそ白のバウンス等、盤面をがら空きにしてくるカード群が存在する以上、ここがないと簡単に決めきられてしまうと考えます。

>アンチ・スペル
アークオーラを始め、通したら負けるスペルというのはいくつか存在するため、非常に重要な枠だと感じています。
また、芽生やTHREE OUTに打つことで相手の動きを阻害するという行動も可能です。

>ドローツー*2
相手のアンチスペルも考慮したり、また、単純にTRHEE OUTだけではドローソースが足りていなかったので、どんな盤面からでもコストさえあれば打てるというのは評価に値します。
1枚だと足りていないと感じるシーンが多く、また他のアーツでないと対処が絶対にできないというカードはあまり見受けられなか
ったのでこちらを積んでみました。



と、大体こんな感じです
ここまで読んでくださってありがとうございました
ノシ

関連記事
スポンサーサイト

2014/04/28   PokemonCard(デッキレシピ)     19TB 0   19Com 0  

Comment

 

P.W.   Secret    

Trackback

http://kanata4210tcg.blog.fc2.com/tb.php/19-97807316

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。